本土ヒラタクワガタ飼育記:幼虫飼育編

2020/10/26 幼虫をビンに投入

20匹居た幼虫は割り出し後に1週間ほど割り出し後のマットをスカスカに詰めたプリンカップで管理していたのだが, どうもマットがスカスカだったのがまずかったらしく拒食で8匹も落ちてしまった。大反省。

残った12匹の幼虫はマットと菌床組に分けて管理する。具体的には1齢から3齢初期までをKBファームのAG菌床またはKBファームの栄養フレークEXで飼育する。3齢初期から羽化まではKBファームの栄養フレークEXあるいは微総研のMT160金(粗目)で飼育する。

つまり, ①AG菌床⇒栄養フレーク, ②AG菌床⇒MT160, ③栄養フレーク⇒MT160, ④栄養フレーク⇒栄養フレークの4パターンの飼育方法を試すことができる。

ヒラタはそこまで菌糸に強いわけではなく初齢で投入すると拒食するおそれがあったので, 2齢になった個体から順次AG菌糸に投入している。特に暴れることもなくちゃんと食べてくれているようだ。

2021/01/17 エサ交換

前回の投入から概ね3ヶ月経ったのでエサ交換をした。サーモの温度は19℃に設定しているが、外気温の変動により温室内の場所によって18〜22℃程度のばらつきがある。

交換用のシワタケ菌床は3ヶ月前に詰めて寝かしておいたもの。菌が回るのが遅くかつ不朽力も低いために2ヶ月ほど寝かすのが大事らしい。しかし3ヶ月は寝かしすぎたかもしれない。栄養が菌に取られているかも。

飼育表(※AG菌糸だけ550cc。他は全てPP800cc)

個体
番号
性別1本目
投入日
1本目
概要
2本目
投入日
2本目
概要
2本目投入時体重 (精度0.5)備考羽化確認日
12020/10/18栄養フレークEX2021/01/17MT160金4.0
22020/10/18栄養フレークEX2021/01/17MT160金5.5
3?2020/10/18栄養フレークEX2021/01/17MT160金測定不能
42020/10/18栄養フレークEX2021/01/17栄養フレークEX4.0
52020/10/18栄養フレークEX2021/01/17MT160金3.5
62020/12上旬栄養フレークEX2021/01/17栄養フレークEX2.0常温放置の産卵セット内から回収
72020/12上旬栄養フレークEX2021/01/17MT160金1.0常温放置の産卵セット内から回収
82020/10/18AG菌床
92020/10/18AG菌床2021/01/17栄養フレークEX6.0
102020/10/18AG菌床2021/01/17MT160金5.0
112020/10/18AG菌床2021/01/17MT160金7.0
122020/10/18AG菌床2021/01/17MT160金6.5
132020/10/18AG菌床2021/01/17栄養フレークEX4.52021/04/30

以前書いたように一本目はマット組と菌床組に分けて飼育していた。意図していたわけではないが結果的に♂が菌床に, ♀がマットに大きく偏ってしまった。成長度の対照実験をしたかったのだがあまりうまくいかないかもしれない。以下に気づいた点をメモしておく

  1. 今の所菌床とマットで大きな成長の差はみられていない(偏ってるのでサンプルが少ないが…)
  2. 初齢でバタバタと落ちた割に今回は一匹を除いて生存中。初齢は弱いのかもしれない。
  3. マットは乾燥気味だった。もっとこまめに加湿すべき
  4. 幼虫は脂肪がついておらずまだ成長しそう
  5. 現時点ではかなり小さい。このまま羽化したと仮定した場合, ♂が34mm〜41mm, ♀が25〜35mm程度しかない(参考)。せめて60mmは行って欲しいところだ。これからの成長に期待。
  6. この頭数でもマット交換は2時間くらいかかる。来年からは数を減らそう

20210430 羽化個体が出る

本日個体番号13の羽化を確認した。孵化から羽化までちょうど7ヶ月である。はえーよ。その他の個体も続々とチビサイズで蛹化している。同時期に孵化したと思われるスジブトは依然として蛹化の気配すらないというのに。

この積算温度の低さからして遺伝的に巨大化の才能がない個体群なのだろう。生息域の北限に近い関東ヒラタではこんなものか。「60 mmくらい余裕っしょwwwww」と思っていた当時の僕を殴りたい。

コメント

Copied title and URL