Dockerを導入した

タイトル画像はClker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像です。

モチベーション

  1. 自分のメインPCが停電に見舞われAnacondaの環境が破壊された。頑張って復元しようとしたが手の施しようがなかった。私は激怒した。復元可能な環境を構築せねばならぬ。
  2. 将来的にPCを追加した際などにも環境の移行が楽
  3. 開発環境とOSを切り分けられる
  4. 流行っててかっこいい

環境

OS: Linux Mint 19.3 Tricia
CPU: AMD Ryzen Threadripper 2950X

おおまかにやったことの流れ

Dockerの導入方法はネット上に溢れているので, 大まかな流れだけしかここでは説明しない。

  1. まずざっと概要おさらい。https://qiita.com/minato-naka/items/e9cd026747693759800c
  2. 次に公式サイトを参考に導入。https://docs.docker.com/engine/install/ubuntu/
  3. Ubuntu 18.04を導入。https://www.wakuwakubank.com/posts/325-docker-ubuntu/
  4. Docker Hubに登録しておく。
  5. ホスト側(即ちOS側)とコンテナ側で共有フォルダを作成する。https://www.virment.com/docker-sharing-folder-setup/
  6. 環境構築する
  7. 構築した環境はDocker Hubにprivateとしてアップロードし, 別のPCで使いまわせるようにする。
    https://qiita.com/kon_yu/items/7c40f4dfbd1cce006ce7

コマンドメモ

コンテナ一覧を表示

docker ps -a

コンテナを作成

sudo docker run --name {containername} -it {imagename} /bin/bash

作成済みコンテナを起動

docker start <CONTAINER ID>
Code language: HTML, XML (xml)

コンテナを消す

docker rm <CONTAINER ID>
Code language: HTML, XML (xml)

コンテナを止める

docker container stop <CONTAINER ID>
Code language: HTML, XML (xml)

コンテナに入る

docker attach <CONTAINER ID>
Code language: HTML, XML (xml)

自作イメージを取ってくる

docker pull

イメージ一覧表示

docker images

Docker Hubにログイン

docker login

Docker Hubにアップロードするコンテナをコミット(gitと同じ要領)。コミット時にイメージが作成される。

docker commit -m "message" <Container ID> <repository name>/<version name>
Code language: HTML, XML (xml)

Docker Hubにイメージをプッシュ

docker push <account name>/<repository name>:<version name>
Code language: HTML, XML (xml)

コメント

Copied title and URL