スジブトヒラタ飼育記:幼虫飼育編

2020/10/21 幼虫購入&ビンに投入

本土ヒラタ用に詰めておいたシワタケ菌床が沢山余っていた。そこで食性が近く, 交雑の心配がなく, かつ成虫が美しいスジブトヒラタを飼おうと思うに至り, ヤフオクで奄美大島産のスジブトヒラタの幼虫9匹を落札した。親虫は♂69㎜×♀45㎜と大型で期待が持てる血統らしい。

本土ヒラタと同様に一本目はAG菌床と栄養フレークEXの2グループに分けて飼育中。2本目からはシワタケ菌床MT160金と栄養フレークEXの2グループで飼育する予定。

2021/01/17 エサ交換

前回の投入から概ね3ヶ月経ったのでエサ交換をした。サーモの温度は19℃と低めに設定しているが, 実際は外気温の変動や温室内の場所などによって18〜22℃程度にばらつく。

交換用のシワタケ菌床は3ヶ月前に詰めて寝かしておいたもの。菌が回るのが遅く、かつ不朽力も低いために2ヶ月ほど寝かすのが大事らしい。しかし3ヶ月は寝かしすぎたかもしれない。栄養が菌に取られているかも。

飼育表(※AG菌糸だけ550cc。他は全てPP800cc)

個体
番号
性別1本目
投入日
1本目
概要
2本目
投入日
2本目
概要
2本目投入時体重 (精度0.5)備考
12020/10/22栄養フレークEX2021/01/17栄養フレークEX7.5
22020/10/22栄養フレークEX2021/01/17栄養フレークEX6.5
32020/10/22栄養フレークEX2021/01/17MT160金8.0
42020/10/22栄養フレークEX2021/01/17MT160金7.0
52020/10/22栄養フレークEX2021/01/17MT160金5.0
62020/10/22AG菌床2021/01/17MT160金8.0
72020/10/22AG菌床2021/01/17MT160金7.5
82020/10/22AG菌床2021/01/17MT160金12.5
92020/10/22AG菌床2021/01/17栄養フレークEX10.0

以下気づいた点

  1. AG菌糸のほうが栄養フレークEXと比べて明らかに成長が良い。マットは概して成長が遅いので, 早く育てたいなら菌床が圧倒的有利そう。
  2. 卵巣の有無で雌雄判別しているが、体重や頭幅的に怪しい気がする。これまでは明らかに雌雄でサイズが異なり判定を間違えようがないキクロばかり飼ってきたので、割とサイズが似ているドルクスの三齢初期はうまく判定できない。どのくらい判定に成功しているか楽しみである。
  3. 一匹だけ顕著にでかい(12.5 g)
  4. 低温なので(と思いたい…)成長が遅い。これからに期待。

コメント

Copied title and URL