2021年ヒラタクワガタ飼育記

20210623 去年の越冬個体、今年も産卵する

去年20匹ほどの子供を産んでくれた♀は捕獲時点で顎が摩耗しており, おそらく越冬個体だったと思われる。今年は羽化後推定3年目となるため, 流石に産卵は厳しいかな〜と思っていたのだが, 本日無事ケース底面に卵を確認することができた。おそるべきビッグ・ママっぷりである。

20210627 ヒラタクワガタ♀を拾う

私は夜に英語を勉強しながら散歩をする習慣があるのだが, その散歩路上でクワガタの♀を拾った。

28mmほどのあまりに小さい♀だったのでコクワだと思っていたのだが, 画像矢印に示す切れ込みが小さい(コクワだと切れ込みが大きい。別途解説サイトを参照)のでヒラタクワガタで間違いないだろう。

ちょうど別血統が欲しかったので, 持ち腹に期待して前年度の幼虫の食べ残し(マットとシワタケ菌床のミックス)を詰めただけのやる気のないセットに投入した。

20210703 越冬個体、無精卵連発

越冬個体が産んだ卵の多くが赤くなって腐っている。これは無精卵のときに頻発する現象である。オスは同居させているので, 精子が足りないということは(オスが種無しでなければ)ないはずだ。

調べてみると越冬個体では産みはじめに無精卵を連発するのはよくあることらしい。後に産卵したものは有精卵になったりするらしいのでそれに期待。

20210720 幼虫確認

拾ってきた♀および越冬個体の♀の両方のケースで幼虫を確認した。やったぜ。

20210721 巨星墜つ

去年捕獲してきた♀がついに旅立ってしまった。フセツが2本かけていたが今年も沢山の卵を産んでくれて本当に感謝している。(産卵の過程でさらに2本かけて, 前肢以外の4本が全て欠損している)。

ちなみにその♀の前日に捕獲してきた♂は元気である。男って子供も産まないから体力も消費しないし気楽でいいわね。

20210725 今期の方針

  • 一本目はできればマットで育てる
    前年度のデータによると一本目がマットでも菌床でも大差なかったため
  • 菌床を使うとしたらシワタケ
    諸事情により3ヶ月ほど放置せざるを得ないため, きのこが生えない菌床(シワタケ・カワラタケ)しか使えない。しかし低温環境もないので高温に弱いカワラタケは使えない。シワタケ一択。
  • 交換回数は1回以下(2本孵し)
    単に諸事情により多くても1回しか交換できないから。
  • 容器は1500cc程度
    1回しか交換できない以上800ccだと心もとない。2300だとでかすぎて取り扱いにくい。ということで1500cc。
  • マットは何種類か試す
    色々データを取りたいので。ヒラタは分解能力がそこまで高くないためごく普通のマットが向いているとは思うが, 生オガ発酵マットも試してみたい。
  • 容器はちょっと高いがスタック式にする
    温室内のスペースが限られているため, 酸欠を防ぐためにスタック式を採用。
  • 温室内は16本しか入らないため溢れたら常温で育てる

幼虫は以下の優先順位でグループ分けして育成したいと思っている。純血の本土ヒラタなんて頑張って大型で羽化させても大した値段では売れないのでお財布に厳しい(なんちゃって国産の交雑種(○○○○血統とか)で感覚が壊れてるせいではないか)。まあ趣味だからいいけど…

  1. 2次発酵ホダマット組(微粒子)
  2. 生オガ発酵マット組
  3. オオヒラタケ菌糸組
  4. シワタケ菌糸組

今期検討したい仮説は以下の通り

  1. 初〜2齢のステージに適したマットは?
    予想:菌糸 or ホダ発酵マット
  2. 3齢以降に適したマットは?
    予想:シワタケ or 生オガ発酵マット
  3. 交換回数の影響は?
    予想:1回は交換したほうが良い
  4. 容器サイズの影響は?
    予想:そりゃあでかいほうがいいけど, 一本目ならそんなに影響ないのではないか

コメント

Copied title and URL